2月の季語の入った時候の挨拶

2月の時候の挨拶文では、最初の前文で、頭語、時候の挨拶をします。頭語とは、「拝啓・謹啓・啓白」などで、その後に時候の挨拶をします。尚、前略を使用した場合は時候の挨拶はしません。
時候の挨拶には、俳句で使う季語が含まれることが多いです。2月には、「立春の候」「梅花の候」など、季語の入った時候の挨拶があり、「拝啓、早春の候、皆様には益々ご健勝のことと存じます。」のように相手の安否などを付け加えます。寒い2月には「立春とは名のみの寒さが続いておりますが、お元気でいらっしゃいますか?」や、2月は梅の季節なので、「梅のつぼみもそろそろ膨らみ」と言う時候の表現も良いでしょう。続けて近況などを述べ、「まだまだ寒い日が続きますが、お体大切になさって下さい。」と結びの挨拶をします。最後に、頭語に対する結語で結びます。結語の「敬具」は、大概の頭語に対して対応しています。

3月の季語の入った時候の挨拶

3月の季語の時候の挨拶には、早春の候、陽春の候、春暖の候など、春と言う季語が多く出てきます。
3月上旬の時候の挨拶文では、「春というのに寒い毎日が続きます。」と書き出し、3月下旬には「春一番も吹きいよいよ暖かくなってきましたが、いかがお過ごしですか」、「桜のつぼみも膨らみはじめましたが・・・」などや、「花の便りも各地で聞かれるようになり…」を使うと季節感が出て味わいがあるでしょう。
又、3月の季語には雛人形の雛もあります。親戚や遠く離れた両親には、3月の時候の挨拶の後に近況として、「我が家では、娘の初めての雛祭りです。今度の休みに家族でそちらにお邪魔させて頂きます」などと添えてみてはいかがでしょうか?結び文では「日々暖かさを増しておりますが、風邪などお召しになりませぬようご自愛下さい。」などと挨拶しましょう。



コミュニケーション力を磨いてみませんか?




★スイーツランキングを見てみよう★


こんなのも美味しそうですね。

4月の季語の入った時候の挨拶

4月の季語の時候の挨拶には、陽春の候、春暖のみぎり、桜花の候などがあります。
4月の時候の挨拶文としては、若葉や若草、花、梅雨など季節の移り変わりが現れる季語が多くなっています。「春光うららかな季節を迎え・・」や「日増しに暖かくなってまいりました。」から、「若草萌える季節」「若葉の青さが目にしみるこの頃」「花便りが各地から届くこのごろ…」と表現されています。4月は眠気を催す季節でもあり、「春眠暁を覚えずと申しますが・・」と書き出しても良いでしょう。
また、3月の終わりから4月にかけて、転勤・異動の時期でもあります。「着任したばかりで、まだまだ戸惑う事の多い日々を過ごしています。」と近況を知らせるのも良いでしょう。4月の結びの時候文としては、「花冷えの頃は体調を崩しやすいものです。どうぞお体を大切になさって下さい」とします。また、異動した方へは、「新しい環境でのご活躍をお祈りしております。」と締めくくっても良いです。

Copyright © 2007 時候の挨拶文 2月・3月・4月